青志社

志村けん/著『志村けん 160の言葉』

HOME 新刊情報 カタログ イベント 書店様向け
志村けん 160の言葉
志村けん/著
『志村けん 160の言葉』
志村けんさん待望の新刊です!

発行日: 2020年8月11日発売
定価: 本体1400円+税
サイズ: 四六判並製
ページ数: 288ページ
ISBN: 978-4-86590-106-1

【目次】

まえがき 志村がいた日々 加藤茶

第一章 夢の原点 コンプレックスと才能
第二章 ザ・ドリフターズ 天命と知る
第三章 愛しのキャラ すべて子供から学んだ
第四章 お笑い道 文化人になってはいけない
第五章 あなたに感謝 愛情、友情、恋情
第六章 僕の居場所 一人になって考える知恵
第7章 人生の見つけ方 石を投げてみよ



【内容紹介】

特別寄稿 加藤茶「志村がいた日々」

秘蔵写真38点掲載!
変なおじさん、ひとみばあさん、バカ殿様



「生きる知恵」が詰まったパーフェクトBOOKです!

「まず、好きなことを見つけよう。見つかったらそれを一生懸命続けるんだ」
志村けんのお笑い人生はそこから始まった

誰だってうまくなれる。
だいじょうぶだぁ

笑いには、人間を強くする不思議な力がある。
笑うことで何か明るい光が見えてくれば本当にいいんだけどね。
志村けん

時代に愛された男
おしみない愛を持って時代に寄り添って生きた、その70年の生涯は、私たちに多くの生きるヒントを与えてくれる。

編集部より:  幼い日にすでに将来の自分の進むべき道を「お笑い」と定めた志村さん。その70年の生涯を追ってみると、実にさまざまな志村さんの姿が見えてきたのです。一貫して言えることは「人を笑わすことが人生の目的で、最大の喜び」としたことでした。素顔の志村さんはシャイで、恥ずかしがり屋で、決しておごらず、お酒の力を借りたときはおもいっきりハメをはずすようなこともあったようですが、おだやかな人でした。そして多くのエピソードを残しました。
 歳月という季節の中で、志村さんは、どう自分を持って生きたのか、残された言葉を紡いで、その足跡を追ってみました−−。


【著者紹介】

志村けん しむらけん

一九五〇年二月二十日東京都東村山市生まれ。
ザ・ドリフターズの付き人を経て、七四年四月正式メンバーに。
『8時だヨ! 全員集合』で、東村山音頭や加藤茶とのひげダンス、カラスの唄などが大人気となり、国民的スターとなる。
八六年からは単独でも活動。
主なキャラクターに「バカ殿様」「変なおじさん」「ひとみばあさん」などがある。
著書に『変なおじさん【完全版】』(新潮社)、『これでカラダだいじょうぶだぁ〜! 志村けんのズボラ健康術』(アスコム)、『志村流遊び術』(マガジンハウス)がある。
二〇二〇年三月二十九日逝去。享年七十歳。日本中がその死を悼んだ。



  | 会社概要書店様向け