青志社

石原まき子/著 
『人生の意味』

HOME 新刊情報 カタログ イベント 書店様向け
人生の意味
石原裕次郎/著 
『人生の意味』
人生の意味
石原裕次郎生誕85周年記念企画出版

発行日: 2020年1月21日(火)発売
特別定価: 本体1,500円+税
サイズ: 四六判上製
ページ数: 304ページ
ISBN: 978-4-86590-098-9

【内容】

2020年青志社新春企画第2弾
石原裕次郎生誕85周年記念企画出版

すべて試練に育てられた。石原裕次郎の二十三本のテープに遺された「人生の航海」という物語。
人はどう生きてどこへ向うのか。運命に導かれながら舵を切った――。


特別編集
石原慎太郎、「兄弟」を語る
対談
「あの夏の日の午後を語ろう」 懐かしき時の風に吹かれて
石原裕次郎VS石原慎太郎
寄稿
「弟の時代」 弟と兄の壮絶タッグマッチで見た景色
石原慎太郎

裕次郎さんの人生の大半は、病魔との闘いでした。
その病魔と闘いながら石原プロをいかにして存続させていったか、また会社倒産の危機をどう乗り越えていったのか、石原軍団は、なぜ結束が固かったのか、また若き日の兄石原慎太郎さんや、両親、妻のまき子さんとの知られざるエピソードなどが満載した自伝です。
妻のまき子さんは「私の知らないことが多く語られていて裕次郎さんの考え方、生き方など、その『人生の意味』について知ることができた」と話されています。
また、特別編集としまして弟、裕次郎さんと兄の慎太郎さんとの兄弟対談「あの夏の日の午後を語ろう」と、慎太郎さんから裕次郎さんへの思いを寄稿していただいた「弟の時代」を収録させていただきました。
                                 編集部より


【目次】

第一章 あの夏の日の午後
第二章 運命の岐路
第三章 成功と失敗と挫折
第四章 世にいう「石原軍団」
第五章 時をいとおしむ
第六章 人生の意味

特別編集1 ビッグ兄弟対談
「あの夏の日の午後を語ろう」
石原裕次郎VS石原慎太郎

特別編集2 寄稿
「弟の時代」 石原慎太郎

解説 石原まき子

アマゾンで購入


  | 会社概要書店様向け