青志社

浜崎憲孝/著
『はまじとさくらももこと三年四組』

HOME 新刊情報 カタログ イベント 書店様向け
はまじとさくらももこと三年四組
浜崎憲孝/著 
『はまじとさくらももこと三年四組』
ももこさんはどんな女の子だったの?

発行日: 2020年2月19日発売
定価: 本体1100円+税
サイズ: 四六判並製
ページ数: 216ページ
ISBN: 978-4-86590-099-6

【内容】

今年、さくらももこさんの三回忌を迎えます。

誰もが知っている人気漫画の誰もが知らない話がいっぱい!


アニメ放送でも30年続いている、あの国民的人気漫画のモデルとなった静岡県入江小学校三年四組。
クラスメートとさくらももこさんの心温まる日々。
実在のはまじが書きました!

 さくらが突然ぼくらの前から消えて一年以上が経った。いまでもぼくは、さくらの死による喪失感がとても大きく、心にポッカリと穴が空いたままになっている。(略)
 さくらとの思い出が次々に沸いてくる。
 さくらももこがどういう女性で、どんな子どもだったのか。『ちびまる子ちゃん』のモデルとなったクラスメートとはどんな関係だったのか。ぼくらは彼女からどんな思い出をもらったのか。改めて、本の取材でクラスメートたちを訪ねた日々を思い出してみた。そして、そこからさくらがどういった女性であったのか、それを深く知る心の旅に出た。

高学年のさくらはノートの四つ角に漫画を描いていた。うまかったな。ただ目がキラキラ輝く絵で、まる子ちゃんのようなシンプルな絵ではなかった。
学校が出す文集などではたしか委員長を務め、小学生にしては、とても長い文章を書いていた。先日、友人からその手書きの文集を見せてもらい驚いた。大人顔負けのきれいな字で書かれていた。色紙などで書いてある、あの丸っこい字ではなかった。 ――本文より



【目次】

第一章 さくらが天国へ
第二章 『ちびまる子ちゃん』と三年四組
第三章 さくらと問題児はまじ
第四章 さくらが変えたぼくの人生
第五章 さようならさくら、またね


【著者紹介】

浜崎憲孝(はまざき のりたか)

1965年12月生まれ、静岡県静岡市出身。
転機は小学三年生。水泳が厳しく脱走し登校拒否となる。
担任が変わる小学四年生から学校へ復帰。
中学は楽譜が読めないにもかかわらずブラスバンドへ入部。
譜面を一年で解読する。高校中退後、芸人に憧れて上京するものの、弟子になれず田舎に帰途する。
その後、通信高校を七年で卒業。建設現場、トラック運転、郵便配達、演芸場、タクシードライバーなどを経験。
同級生の漫画家に便乗しエッセイを出版。
書く楽しみを知り、近年は物語等を電子出版をしている。
著書に『僕、はまじ』(彩図社)と『はまじと9人のクラスメート』(徳間書店)がある。


アマゾンで購入

  | 会社概要書店様向け