青志社

曽野綾子/著
『死ぬのもたいへんだ』

HOME 新刊情報 カタログ イベント 書店様向け
死ぬのもたいへんだ
曽野綾子/著 
『死ぬのもたいへんだ』
都合よく死ねないから人生はおもしろい

発行日: 2017年5月13日発売
定価: 本体900円+税
サイズ: 新書判
ページ数: 224ページ
ISBN: 978-4-86590-045-3

【内容】
本書は曽野先生の豊富な人生経験を元に、「死に方」「死なせ方」「生き方」「生かせ方」をユーモアとペーソスを織り交ぜながら綴った目からウロコの指南書です。

●どれだけこの世で「会ったか」で、豊かさがはかられる
●死を考えることは、その人の生涯を香りよくする
●人でも物でも充分に使いきって死ねたら本望
●昆虫のような死も悪くない
●老人の味をうまく引き出すスープ
●お金もためて出さないのは健康によくない
●家族は棄てられないから問題が深刻になる
●跡形もなくこの世から消えるレッスン
●生が充実していると死にやすい

二〇一七年二月に、私は夫を失った。
その変化の故に、こういう題の本が生まれたというわけでもない。私は人生の半ばにさしかかるにつれ、人生のしまい方をあちこちで見て、自戒の種ともし、新しい発見ともしていたのである。
生老病死は、どれも必然である。
生は別として、昔、一神教の世界では、老、病、死は、その人が現世で犯した罪の結果、すなわち罰と考えられていた。しかしキリスト教が発生してから―聖書的に言うと新約聖書の世界が確立してから―老病死は、人間の生涯の普遍的な結果として受け取られるようになった。
考えてみれば、死ぬのも大変なら、生きるものも大変なのである。
まえがきより



【目次】

まえがき
第1章
いまある自分に感謝する どれだけ本意で生きてこられたか
第2章
自分を「お年寄り」扱いしない まわりの年寄りをじっくり観察する
第3章
老化も認知症も哀しいけど正視しなければならない 正視こそ成熟した人間の証
第4章
「善い人」と思われなくてもいい もう浮世の義理をやめて、自分の物差しで生きる
第5章
家族は棄てられない。友人との関係はソコソコにする 依存「する」のも「される」のもあり
第6章
後始末は早くから始めておかないと難儀する 必要なものはほとんどないし、迷惑は残さない
第7章
死のその時まで学びつづける 自分はどういう使命を帯びてこの世につかわされたのか
第8章
もういいだろうと言って死にたい 自分らしく「よく生きた」と納得して旅立つ


【著者紹介】

曽野綾子(そのあやこ)

1931年東京生まれ。作家。聖心女子大学文学部英文科卒業。『遠来の客たち』(筑摩書房)が芥川賞候補となり、文壇にデビューする。1979年ローマ教皇庁よりヴァチカン有功十字勲章を受章。2003年に文化功労者。1972年から2012年まで、海外邦人宣教者活動援助後援会代表。1995年から2005年まで、日本財団会長を務めた。『無名碑』(講談社)、『天上の青』(毎日新聞社)、『老いの才覚』(KKベストセラーズ)、『人生の収穫』(河出書房新社)、『人間の愚かさについて』(新潮社)、『人間の分際』(幻冬舎)、夫で作家の三浦朱門との共著『我が家の内輪話』(世界文化社)『私の危険な本音』(小社刊)など著書多数。

【お知らせ】
5月13日発売の曽野綾子/著『死ぬのもたいへんだ』のアマゾンの在庫表記が5月17日現在、「通常1〜4週間以内に発送します」とされていますが、発売後即重版をかけて、在庫は十分に用意いたしました。ご注文いただければすぐにお出しできますよう手配をいたしました。
アマゾンで購入

  | 会社概要書店様向け