青志社

武澤順子 武澤忠(日本テレビ)/著 『生きてやろうじゃないの!』
79歳・母と息子の震災日記。

HOME 新刊情報 カタログ イベント 書店様向け
生きてやろうじゃないの!
武澤順子 武澤忠(日本テレビ)/著 
『生きてやろうじゃないの!』
日本テレビ『リアル×ワールド ディレクター被災地へ帰る 母と僕の震災365日』(2012年3月放送 番組審議委員会推薦作品)で大反響を呼んだ「母の日記」が書籍化!

発行日: 2012年7月10日(火)
定価: 本体1,300円+税
サイズ: 四六判並製
ページ数: 262ページ
ISBN: 978-4-905042-52-5

【コメント】
「これこそ北国の日本の母」徳光和夫さん
「母の愛の深さは海をも包み込んでしまう」草野仁さん
「何度も涙があふれました」尾木直樹さん(尾木ママ)
「涙と一緒に元気をもらいました」眞鍋かをりさん


おーい雲よ……
あの日の雲じゃないだろうけど、
あの日の私でもないんだよ。
あれから……しっかり生きてきたんだよ(母・順子の日記より)


 未曽有の大震災の中、被災した一軒一軒それぞれの苦しみや悲しみを伝えられないかと、武澤忠ディレクターが、被災した福島県の実家の母を1年間追い続けたドキュメンタリー『リアル×ワールド ディレクター被災地へ帰る 母と僕の震災365日』(番組審議委員会推薦作品)。
 中でも反響を呼んだのが、誰に見せるともなく綴られた78歳の母の日記だった。最愛の夫に先立たれ、津波で家も半壊……絶望の中「本音」を綴ったその日記には、決してカメラの前では語られないような様々な苦悩・葛藤・不安・悲哀が満ちていた。
「被災地に生きる」とはどういうことなのか……いや、そもそも「生きる」とは?……等身大に語られたその想いは、やがて逞しい再生への決意へと変わっていく。
 78歳を揺り動かした強烈な想いとは何だったのか?
   被災したからこそ気づいた「大切なもの」とは?
 番組の舞台裏を赤裸々に綴った忠の取材日記を織り交ぜて、被災家族の1年間の軌跡をたどる。
 これは単なる「震災の記録」ではない。
 震災でも壊れなかった「家族の絆」の物語。

【目次】

されど母は強し
まえがき 「家族の絆」の物語 武沢忠

1 震災 平成23年3月〜5月

2 父の死 平成22年12月

3 絶望と試練 平成23年7月〜9月

4 家の解体 平成23年9月〜10月

5 再生に向けて 平成24年1月〜

女としての生き方

生きてやろうじゃないの

アマゾンで購入


  | 会社概要書店様向け