青志社

青志社の新刊情報をご案内いたします。

HOME 新刊情報 カタログ イベント 書店様向け
ショーケン 天才と狂気
許永中・大下英治/著 
『ショーケン 天才と狂気』
ショーケン没2年 いま明かされるもうひとりの萩原健一

発行日: 2021年5月15日発売
定価: 本体1870円(税込)
サイズ: 四六判上製
ページ数: 464ページ
ISBN: 978-4-86590-116-0

【内容】

その68年の生涯に迫ったドキュメント
女、仕事、金、彼はなぜ人を惹きつけたのか なぜ疎まれたのか
誤解と苦言をものともせず自由人として生きた昭和の天才。
証言から迫った実像と虚像

ショーケンの真実≠語る

岡本富士太 奥山和由 小倉一郎 恩地日出夫 柏原寛司 倉本聰 小松政夫 柴俊夫 高橋惠子 高橋伴明千葉真一 戸正啓 蜷川有紀 三田佳子 八名信夫 山本又一朗 吉本暁弘 竜雷太の諸氏
そのほか多くの関係者の方や、名前を明かすことの出来ない方たちから取材協力を得ました。
大下英治


わたしは、ショーケンのファンである。特に役者としてのショーケンのファンである。歌手としてのショーケンにも、歌の上手さというより、なんともいえないはぐれ者のせつなさにしびれる。(略)
わたしは、今回、ショーケンと関わった役者、監督、プロデューサーを一年がかりで徹底的に取材。ショーケンを役者として遠く眺めているのでなく、身近に接した人たちは大変だったらしい。チャーミングな笑顔の裏に狂気じみた一面を秘めていた。深作欣二監督のように「ショーケンのあの狂気が魅力だ」と平然と語る人もいるが、取材を重ねるにつれ、多くの人を手こずらせたことがよくわかった。しかし、その内のかなりの人は、「それでも時が経つと、やはり懐かしい……」と言葉を湿らせた。(略)
もっともショーケンと多く共演した女優の高橋惠子いわく、「松田優作も萩原健一も、『男に惚れられる男』だった。男性にそう思われるのは、そう簡単なことではない。不良性感度は高いが、ただの不良ではない。萩原健一の笑顔はとても純粋で、相手を思う優しさにあふれていた。さらにいろいろな経験をして、いい表情でいられるような境地に達していたのに……」
芸能人にとって危険な愛は「芸の肥やし」と寛容に見られていた「最後の砦」でもあった芸能界も、今や倫理に厳しく、一般人以上に制裁を受けるようになっている。そういう締めつけの強い時代だからこそ、ショーケンの生き様が懐かしく逆に輝きを放ってくる……。
「はじめに」より
アマゾンで購入

誰も知らなかった西城秀樹。
西城秀樹/著
『誰も知らなかった西城秀樹。』
西城秀樹生誕66周年、デビュー50周年記念出版

発行日: 2021年4月19日発売
定価: 1760円(税込)
サイズ: 四六判上製
ページ数: 258ページ
ISBN: 978-4-86590-115-3


【内容紹介】

秀樹二十歳。
すべてのドラマはここから始まった――。
若き日の青春の光と影を赤裸々に綴った感動のベストセラー。待望の新装復刊!


1975年(昭和50年)にペップ出版より発売されベストセラーになった西城秀樹さん初の自伝エッセイを所属事務所のアースコーポレーション様のご協力を仰ぎ、秀樹さんのお誕生日に合わせ青志社から復刊することとなりました。
当時の書籍は絶版で古書店でも入手困難な状態となっていましたが、復刊を望むファンの声に応え発売となりました。
19歳から20歳の頃、スターダムに駆け上がっている秀樹さんの気持ちが詰まった一冊をいま一度ファンにお届けいたします。
デビュー当時から声援を送り続けている熱心なファン、病と闘う秀樹さんに胸を打たれ応援しているファン、秀樹さんの功績を称え関心を持ったファン、多くのファンの皆様にとって待望の1冊となります。

出発(たびだち)
もしかしたら、この原稿の第一ページが、西城秀樹の新しい出発≠ニなるかもしれない。
今夜のこの窓ガラスの、涙のような6月の雨を、あの悲鳴のような、サイレンの音を、そして、この指先の震えを、ぼくはいつかきっと、はっきりとVTRのテープのように、思い起こす日があることを予感している。

秘蔵写真33点掲載
弊社へ郵便振込でのご注文はこちら

流れゆくままに
渡哲也/著 
『流れゆくままに』
流れゆくままに
石原プロ解散もう一つの物語

発行日: 2021年3月28日(日)発売
定価: 本体1,600円+税
サイズ: 四六判上製
ページ数: 320ページ
ISBN: 978-4-86590-114-6


【内容】

緊急出版!
五度の大病に打ち克つものの、七十八歳で逝去した昭和最後の映画スターが遺した凄烈で壮絶なる自伝
運は振り向いてくれたけど病魔には容赦なく襲われた。
長く生きることよりも生き方≠大切にしたい

付記 青志社社長 阿蘇品 蔵
特別寄稿 側近が語った「最後の日々」石原プロモーション専務 浅野謙治郎

秘蔵写真34点掲載

人生について
がんを宣告されたときには自分の未来についていろんなことを想定し、深く悩みました。人の命とか、人間の有りようとか、また家族のことや、あるいは石原プロ社員のことなどが心を占めたのです。
結局、そういうことを考えても、何も結論が出なくて、自問自答の果てに得たのが、結局人生は、なるにようにしかならず、どこか天命というものに従わざるを得ないところがあるのでは、ということでした。
どんなに努力しても、望んだ結果が得られるとは限りません。満足よりも、失望や落胆のほうがきっと多いでしょう。そう考えると、ただこの一瞬――いま与えられたこの一瞬を精一杯に生きることしかないのではないでしょうか。
ただ長く生きることよりも、短くてもいい、後悔のない生き方を大切にしたいと考えてきました。
渡哲也

アマゾンで購入 7ネットで購入 楽天ブックスで購入

心臓は“切らない手術”で治しなさい
大塚俊哉/著
『心臓は“切らない手術”で治しなさい』
高齢化に伴い日本で心房細動(しんぼうさいどう)≠フ患者が急増、
現在100万人以上といわれています。

発行日: 2021年2月22日発売
定価: 本体1400円+税
サイズ: 四六判並製
ページ数: 256ページ
ISBN: 978-4-86590-113-9

【内容紹介】

高齢化に伴い日本で心房細動(しんぼうさいどう)≠フ患者が急増、
現在100万人以上といわれています。
致死的な恐ろしい「脳梗塞」を知らぬ間に引き起こす心房細動≠画期的な内視鏡手術で治す。
それをぜひ、多くの人に読んでほしい。


心房細動の患者さんは、高齢化にともなってどんどん増加しており、日本で100万人以上ともいわれています。心房細動の最大の問題は、頻脈や徐脈(速すぎる脈や遅すぎる脈)など心臓の脈の不調もさることながら、致死的な、あるいは非常に重症化することの多い「血栓性脳梗塞」を引き起こしてしまう恐ろしい“脳の病気”であることです。血栓性脳梗塞では、血液を固めにくくする抗擬固剤という薬を一生飲み続けることが一般的な予防法です。ところが、高齢者が多い心房細動の患者さんのなかには、抗擬固剤服用による出血性副作用で悩む方やクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)が著しく低下してしまう方が、少なからずいらっしゃいます。
そんな患者さんたちに、わたしは、日本初の画期的な“内視鏡手術”「ウルフ・オオツカ低侵襲心房細動手術」(ウルフ・オオツカ法)を2008年からおこない、非常によい成績を上げています。手術数は1500例以上で、100歳を超えた方も含まれますが、死亡例はありません。
ウルフ・オオツカ法は、わたしが米国留学時代に師事した心臓外科医ランドール・ウルフ氏(現テキサス大学心臓外科教授)が2003年に開発した「ウルフ法」なくしては誕生しませんでした。わたしはウルフ法をさらに短時間で患者さんに優しい方法に改良したのです。
この手術のことを、心房細動の患者さんをはじめ、心臓の調子がよくないようだと不安にお思いの多くの人びとに知っていただきたく、私はこの本を書きました。そのために、図解を多く入れて、わかりやすく読んでいただくようにしました。(著者より)


許永中独占インタビュー「血と闇と私」
許永中・大下英治/著 
『許永中独占インタビュー「血と闇と私」』
闇社会の本当のワルを明かそう!

発行日: 2021年1月25日発売
定価: 本体1700円+税
サイズ: 四六判上製
ページ数: 432ページ
ISBN: 978-4-86590-112-2

【内容】

これを語らずして死ねない!

昭和、平成、金と暴力、あの震撼経済事件の真相!語り尽くした8日間!

どこまでも、男でありたい
私は半生以上を、神に与えられた運命に従いひたすら懸命に生きてきた。そして、血と闇の中で、生き抜く知恵を学んだ。また私は力を持つために、暴力というものを意識してきた。暴力を真ん中に置き三六〇度、まんべんなく力を持ちたいと、思っていた。知力、体力だけではなく、暴力というものを否定せずにきた。(許永中)


許永中と事件
・東急建設の神戸屏風谷事件
・同和の黒幕尾崎清光の殺殺害事件
・グリコ・森永事件
・「日本レース」の手形乱発事件
・山一抗争
・雅叙園観光騒動
・イトマン事件
・震撼、石橋産業事件
・中野太郎会長襲撃事件
・山口組若頭宅見勝射殺事件



アマゾンで購入

石原裕次郎 渡哲也 石原プロ社史
石原まき子/監修 
『石原裕次郎 渡哲也 石原プロ社史』
石原裕次郎 渡哲也 石原プロ社史
栄光の歴史を閉じる石原プロモーション58年史全記録 1963-2021

発行日: 2021年1月13日(水)発売
特別定価: 本体3,800円+税
サイズ: B5判
ページ数: 424ページ
ISBN: 978-4-86590-111-5


【内容】

本書は平成26年石原プロから発行された「石原プロ50周年非売品社史」を元に解散までを再編集し、発売したものです。

栄光の歴史を閉じる石原プロモーション58年史全記録 1963-2021
そこに日本人が最も元気だった頃の昭和が見える
写真と文字で綴るオールカラー424ページ!

謝辞
石原まき子
舘ひろし
神田正輝

平成26年(2013年)、設立50周年を迎えた石原プロモーションはその足跡をまとめた「石原裕次郎 渡哲也 石原プロモーション50年史」(非売品)を制作しました。本書はその非売品社史に解散までの8年間を追記し、890点の写真も見せて再編集をして発売いたしました。石原プロモーションを起業し、「俳優」と「社長」の二足のわらじでスタートを切った石原裕次郎さんの貴重な写真や資料が掲載され、そこに日本人が最も元気だった頃の昭和が見えます。そして、渡哲也さん、小林正彦専務と共にテレビドラマの時代へ突き進み、「大都会」、「西部警察」の大ヒットにより全盛期を迎えますが、その58年は会社の危機をはじめ、まさに波乱万丈の時を越えて行ったのです。
看板スターの石原裕次郎さん、渡哲也さんの二人がこの世を去り、2021年1月、石原プロモーションが解散することになりました。
昭和の芸能界に最も燦然と輝いたスタープロ石原プロモーション。その活動の全記録をここに大公開いたします。



弊社へ郵便振込でのご注文はこちら(特典付き)

アマゾンで購入 7ネットで購入 楽天ブックスで購入

  | 会社概要書店様向け